パソコンCADについて

teacher1

CADとは

  • パソコンを用いて2D(2次元)または3D(3次元)の製図を行うシステムである。
  • 機械部品、機械製品や建築物の設計などに使われる。
  • 設計したものを模型化できる。
  • パソコンの画面上でシュミレーションができる。

 
 
 
CADのメリット

  • 図面修正が比較的簡単にできる。
  • 手書きに比べて短時間でできる。
  • 検討が画面上でできる。
  • 場所を問わないでできる。(移動中や自宅でもできる。)
  • インターネットの普及により完成してから客先への納品がスピーディーである。

 
 
 
CADのデメリット

  • 操作方法の習得が必要。
  • 間違えると現場対応が発生する。
  • 電源が必要である。

 
 
 
CADを使う目的

  • スピードUP(生産性の向上につながる。)
  • 製品の標準化(現場で見やすい。)
  • 複雑な構造にも対応できる。(現場での手直しの削減になる)

 
 
 
CADで描く建築図面の種類

  • 設計図(意匠図・構造図)
  • 工作図(鉄骨基準図・鉄骨詳細図・現寸図面)
  • 現場施工図(躯体図・鉄筋配置図・電気配線図)

   


カレンダー

インフォメーション

ここはバナー領域です

Copyright© 2013 NPO法人 サスケ工房 All Rights Reserved.